86/BRZ

REPORT

  • Rd1
  • Rd2
  • Rd3
  • Rd4
  • Rd5
  • Rd6
  • Rd7
  • Rd8
  • Rd9

RACE REPORT

2020.08.31 - 86/BRZ Race 2020第6戦オートポリス・決勝
予選下位から盛り返し 久保凜太郎が10位入賞
『2020シーズンも折り返し、夏休み最後の週末を飾る第6戦オートポリス』。本来であれば、そんな言葉が使われるはずでした。しかしモータースポーツのカレンダー全体が後半へとスライド。真夏に行われる第6戦は、結局シーズン2戦目として開催されることになりました。オートポリス主催のレースシリーズ、ゴールドカップレースも第1戦が中止になっており、今週が事実上、九州の4輪レースの幕開けになりました。
早めにサーキット入りしたチームは木曜日から走り始めるなど、走行機会が少なく、攻略が難しいコースを克服すべく、さまざまな対策が立てられました。その締めくくりとなる土曜日、真夏の日差しが降り注ぐ暑い天気。そしてレース当日は朝のうちは同じような天気だったものの、徐々に雲が増えていき、予選が始まる頃には完全な曇り空へと変わり、エキスパートクラスの予選中にはスコールのような雨が襲いました。

天候に左右されてしまうのは、まるで開幕戦SUGOと同じ。今シーズンのトレンドになるのでしょうか?

当初は2ヒート制で行われる予定でしたが、カレンダーが修正された段階で1ヒート制となり、開催日程も8月30日(日)だけのワンデーレースへと変更されました。

  エントリー台数はプロフェッショナルシリーズが24台、クラブマンシリーズ・エキスパートクラスが16台、オープンクラスが18台の、合計58台。そのうちSUBARU BRZは、プロフェッショナルシリーズ3台、エキスパートクラス1台、オープンクラス3台で、合計7台になりました。
予選結果とともに、各ドライバーを紹介していきます。

クラブマンシリーズ・エキスパートクラスは、早めのコースインでスコール前にアタックを終えていた#358池島実紅が9位。オープンクラスは、#270江原聖洋が8位、#150中嶋慎次が15位、#428嶋田幸生が16位という予選結果になりました。

  プロフェッショナルシリーズでは、早くも順応したのか復帰2戦目の#88手塚祐弥が10位、まだマシンが仕上がらずに苦しむ#988井口卓人が13位、このレースウィーク何かがかみ合わずタイムが厳しい#87久保凜太郎が21位となりました。マシンのパフォーマンスは高いはずの久保凜太郎ですが、予選ではマシントラブルも出てしまい、下位に沈んでしまいました。

今回もCG ROBOT RACING TEAMには、スバルディーラー各社からサービスエンジニアが応援にかけつけてくれました。南九州スバル・花ケ島店の岩遼平さん、熊本スバル・南高江店の西宮敏弘さん、山口スバル・宇部店の梅本祥さん、そして東京スバル・江東店の石丸時弥さん、以上4名です。クルマを整備・調整するという意味では同じですが、レースメカニックという通常業務とは全く違う経験に、興味深い経験が得られたと思います。
決勝レースは日曜日の午後、前日の天気予報では雨が降る、というものでした。実際、空には雲が立ち込め、日差しは遮られていました。

クラブマンシリーズ・オープンクラスでは、予選8位からスタートした江原聖洋が健闘、何度か7位にポジションを上げたものの、最終的には8位でフィニッシュしました。嶋田幸生は16位、中嶋慎次はジャンプスタートの判定によってドライブスルーペナルティが与えられ17位となりました。

エキスパートクラスでは、池島実紅がスタートで順位を落としたものの、徐々に追い上げ、10位入賞を果たしました。

クラブマンシリーズ・エキスパートクラスで10位入賞した#358池島実紅のコメント。

「今回が私にとっての開幕戦だったんですけど、走るたびに取り戻すことができて、決勝レースでは入賞することができました。スタートでは詰まってしまって、行き場がなくなり、順位を落としてしまいましたが、少しずつポジションを上げることができました。残り3戦、もっと上位に入れるようにガンバリます」
プロフェッショナルシリーズの決勝レースは、気温も下がり、路面温度は45℃前後にまで低下していました。空には黒い雲が見られるようになり、天気予報へと現実が近づいているような予感もありました。

下位からスタートした久保凜太郎は、トラブルが解消されたことで本来のペースを取り戻し、ポジションを上げていきます。21位スタートで、1周目に18位、3周目に16位、4周目に14位、5周目には12位へ。

チームメイトの手塚祐弥は、スタートでポジションを落とし1周目は12位、しかし3周目には11位へと戻します。

そして5周目、コースをスコールのような豪雨が襲います。そして6周目の後半には、セーフティカーが入ります。しかしその間に何台ものマシンがコースアウトし、残念なことに手塚祐弥もそのひとりでした。ダメージを負ったためにピットにマシンを戻しました。
レースは8周目までセーフティカーが先導しましたが、天候回復が難しいという判断によって、7周終了時点で終了となりました。久保凜太郎は10位、手塚祐弥は22位、そして15位をコンスタントに走っていた井口卓人は11位となりました。

プロフェッショナルシリーズで10位入賞した#87久保凜太郎のコメント
「予選では原因不明のトラブルが出てしまい、思うようなタイムを出すことができませんでした。でもメカニックの皆が何とかトラブルを解消してくれました。もともとマシンのパフォーマンスは悪くないので、レースペースは良く、ボジションを上げることができました。結果は10位ですが、次へと期待が持てる結果だったと思います」

次戦はシーズン3戦目、第4戦十勝です。北海道の十勝スピードウェイで、9月26日(土)〜27日(日)に開催されます。
2020.08.26 - 86/BRZ Race 2020第6戦オートポリス・プレビュー
ニューマシンが好調な久保凜太郎 難コースを攻略、上位入賞なるか?
TGR 86/BRZ Race 2020 第6戦は、大分県・オートポリスで8月30日(日)に開催されます。第1戦から第3戦が中止、第4戦が9月へ延期となっているため、今回が今シーズン2戦目ということになります。
阿蘇の広大な自然の中に作られたオートポリスは、当初からF1開催を目指し、ドライバーにも観客にもエキサイティングなコースとして設計されました。それが低速から高速までバリエーションに富んだコーナーと、長いストレートと高低差52mというアップダウンという、ダイナミックなコースになっています。それだけにドライバーに求めるスキルは高く、攻略が難しいコースになっています。
そのため地元のドライバー優位、というシーンを何度も目にしてきました。九州の鍛えられたドライバーの速さが目立つことが多いのです。

またオートポリスは唯一、TGR 86/BRZ Raceのクラブマンシリーズに準じたレギュレーションで、独自開催しているサーキットです。いわば地方戦ですが、そこでドライバーは鍛えられていることは間違いありません。
エントリー台数は、プロフェッショナルシリーズに24台、クラブマンシリーズ・エキスパートクラスは16台、オープンクラスが18台。合計58台というエントリーが集まりました。そのうちSUBARU BRZは、合計7台となっています。

プロフェッショナルシリーズは、開幕戦で速さをみせ表彰台にあと一歩だった#87久保凜太郎、久しぶりの参戦だが予選も決勝も不運が重なってしまった#88手塚祐弥、そして新しい体制で走り出した#988井口卓人という、3名がエントリー。今シーズン導入した新車のコンディションもいい久保凜太郎がSUBARU BRZ勢を牽引するのか? それとも井口卓人が地元九州で本領を発揮するのか?
クラブマンシリーズ・エキスパートクラスには、#358池島実紅が復活! 体調不良のため開幕戦は出場できず、新チームでの活躍する姿を楽しみにしていたファンには残念だったことでしょう。去年は梅雨空の中、ウェットのオートポリスで苦戦していただけに、今年はどんなレースを見せてくれるか、注目です。

クラブマンシリーズ・オープンクラスでは、#150中嶋慎次、#270江原聖洋、#428嶋田幸生の3名がエントリーしています。地元ドライバー優位の難コースだけに、活躍に期待が集まります。
今シーズン2戦目、TGR 86/BRZ Race 2020 第6戦オートポリスは、8月30日(日)のワンデーで開催されます。午前中に予選、午後に決勝レースという構成です。オートポリスが開催しているゴールドカップレース第2戦という大会名になりますが、第1戦は中止になっており、オートポリスでの4輪レースとしては事実上の開幕戦となります。感染症対策に万全を期して、ぜひレース観戦を楽しんで欲しいと思います。
> 86/BRZトップ > GALLERY
  • Rd1
  • Rd2
  • Rd3
  • Rd4
  • Rd5
  • Rd6
  • Rd7
  • Rd8
  • Rd9
Scroll to top