スーパー耐久

BACKSTAGE COLUMN

  • vol.
  • vol.
  • vol.
  • vol.
  • vol.
2022.06.06

SUBARU BRZ CNF Conceptは24時間レースを無事完走

SUBARUは、次世代燃料と位置付けられているカーボンニュートラル燃料を使ったSUBARU BRZ CNF Conceptで6月3日(金)~5日(日)に開催された「ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第2戦NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」に参戦し、完走を果たしました。
【公式予選】 スーパー耐久シリーズの開幕戦、鈴鹿5時間耐久レースを終えてからBRZ CNF Conceptは、数々の改良を重ねてこの24時間レースに臨みました。カーボンニュートラルな新燃料を使うため、エンジンをリファインし、さらにサスペンションのセッティングも最適化し誰もが運転しやすいマシンに一歩近づけての参戦となりました。ドライバーは井口卓人、山内英輝、廣田光一に加え、鎌田卓麻と吉田寿博を加えた5名で24時間レースを競います。
公式予選は、AドライバーとBドライバーの合計で予選順位を決めますが、Aドライバーの井口の時に、エンジントラブルがありタイムアタックができませんでした。そのため、予選順位は最後列の56台中55番手からのスタートとなりました。
【決勝レース】 4日(土)は日差しがあれば暖かいものの、日陰では肌寒い天気ですが、多くのレースファンが訪れ、キャンプをしながらの観戦を楽しむファンも多数いました。なお、3日間の観客数は、延べ38,100名と発表されています。
レースは午後3時にスタートしました。クラスごとにローリングスタートが切られ、61号車のBRZ CNF Conceptは井口がステアリングを握ります。最後尾からのスタートでしたが、オープニングラップで9台も追い抜く速さを見せ、さらに2周目も6台を交わして41位に上がります。その後も順位を挽回し38位前後での展開となりました。ドライバーは井口から廣田、山内、鎌田、吉田の順番で交代していきます。一方のトヨタGR86 CNFの28号車も順調に走行し、BRZ CNF Conceptに40秒以上のリードをつけていますが、BRZ CNF Conceptとは同一ラップでの展開です。レースは深夜から明け方にかけて動きました。午前2時、GR86にトラブルが発生し約2時間のピットストップとなり順位を落とします。順調に周回を重ねていたBRZ CNF Conceptも明け方にミッショントラブルが発生し、こちらも1時間20分ほどのピットストップとなりました。
両車ともエンジニア、メカニックの努力によりコースに復帰しますが、ピットストップが短かったBRZ CNF ConceptはGR86に18周ほどのリードをつけてコースに戻ります。しかしピットアウト直前にリヤウイングの取り付け不具合が発見され、リヤウイングを外します。そのため、マシンはオーバーステア気味の状態での走行を余儀なくされました。その後のBRZ CNF Conceptはラップタイムを上げることはできませんでしたが、GR86には17周の差をつけていたため、安全マージンをとった走行に終始します。そのため燃費にも好影響が出てスティントの周回数を伸ばすことも可能となりました。そして、午後3時に無事チェッカーを受けます。BRZ CNF Conceptが走破した周回数は624周で、総走行距離は約2,827kmとなりました。出場するST-Qクラスはメーカーの開発車両という特別規則のため順位表彰はなく「フューチャーアワード」が贈られました。またGR86とのガチ対決では、お互いにトラブルを出したもののBRZ CNF Conceptの勝利という形でレースを終えました。
チーム代表の本井雅人監督は、「チームみんなでつかみ取った完走なので、とても嬉しいです。応援もたくさんいただきありがとうございました。途中まで非常に順調だったため24時間レースというのがいかに難しいのか改めて感じています。課題は山積しましたが、次戦から自信を持って参戦するためにしっかり準備をして挑みたいと思います」とコメントしました。
  • vol.
  • vol.
  • vol.
  • vol.
  • vol.
Scroll to top