SUPER GT

REPORT

  • TEST
  • Rd1
  • Rd2
  • Rd3
  • Rd4
  • Rd5
  • Rd6
  • Rd7
  • Rd8
第4戦 スポーツランドSUGO
  • 予選順位
    位
  • 決勝順位
    -
  • Team Ranking
    -
  • Driver Ranking
    -

RACE REPORT

2017.07.22 - SUPER GT第4戦 スポーツランドSUGO・予選
SUBARU BRZ GT300は予選4番手から表彰台の頂点を目指す
7月22日(土)、SUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」の予選セッションが行われ、SUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は、4番手を獲得しました。セカンドロウから決勝レースでの追い上げ、そして表彰台の頂点を目指します。チームは明日の決勝に向けて車両を万全とすべく、入念なメンテナンスを行っています。
午前中は車両にトラブルが発生

この日の午前中、晴れ上がった夏空のもとで公式練習が行なわれました。セッション序盤、SUBARU BRZ GT300は細かなトラブルやマシンフィーリングの調整のためピットインを繰り返すこととなりました。後半には徐々にペースを取り戻し、1分20秒306の12番手で走行を終えています。セッションはトップから1秒以内に22台がひしめく接戦となり、SUBARU BRZ GT300はセッション首位と0.636秒差につけました。
辰己英治総監督はセッション終了後、次のように語っています。「ちょっと駆動系のトラブルがあって修復作業を行なっています。加えて、ギヤ比をSUGOテストの時の仕様に戻します。ギヤ比はシミュレーションだけで必ず合うというものではなく、ドライバーの感覚も重要です。もちろんピタッとはまることもありますが、状況にも左右されるということです。こういうトライができるのもトランスアクスルの利点のひとつでもあります。セッションの感触自体は悪くありません。タイムも安定して出すことができていますし、予選でもトップ3は確実に狙います」
SUBARUからチームに「チョコレート」の差し入れ!

今回のレースでは、SUBARUとメリーチョコレートとのコラボ商品「SUBARU オリジナルパッケージチョコレート」がチームに差し入れられました。
メリーチョコレートは1950年開業、日本で初めて百貨店でのバレンタインデーセールを実施した菓子メーカーで、その品質はグローバルでも高く評価されています。パッケージ表面にはSUBARU 360と軽飛行機FA-200がプリントされています。さらに側面には水平対向エンジンのピストンとコンロッド、クランクシャフトが。チョコレートは全部で24個、そのうち4個はSUBARU 360オリジナルシールで包装され、1個にはSUBARUのロゴが印字されています。
ドライバーのふたりも予選を前にひと口……。「口当たりが良く、とっても“スバルの味”がします!(山内)」「疲れが吹き飛びますね。これで予選も頑張れます!(井口)」と気に入った様子。このチョコレートは、SUBARU 恵比寿ショールーム「SUBARU STAR SQUARE」で10月より販売再開される予定で、メリーオンラインショップでは通年販売されているそうです。

SUBARUオリジナルパッケージチョコレート
24個入 - メリーオンラインショップ
価格 1080円(税込)
http://maryshop.jp/shop/g/g5443/
SUBARU BRZ GT300はセカンドロウを獲得

予選Q1セッションは14時10分からスタート。午後に入ると空は雲に覆われましたが、心配された大雨にはならず、気温28度、路面温度36度という条件のもとで行われました。ウェット宣言が出されたものの、全車スリックタイヤでスタート。SUBARU BRZ GT300のステアリングを握るのは山内です。セッションは途中で赤旗をはさみ、残り10分での再開となりました。ここで山内は渾身のアタック。1分18秒836でトップに躍り出ることに成功します。
Q2セッションでステアリングを握った井口は1分22秒071を記録。さらにタイムアップを図ったものの、アタックラップの途中で赤旗が提示され、セッションは中断されてしまいます。この中断にも井口は集中力を保ち続け、再度アタックを敢行。1分18秒936というタイムを刻んで4番手を獲得し、セカンドロウから決勝レースに臨むこととなりました。
練習走行の最後の仕様に乗っていないままアタックを行った山内。「Q1とはいえ、トップを獲れたことは素直にうれしかったですね。午前中はトラブルが出て満足行く走りはできなかったのですが、短い走行の中でもチームへのフィードバックはできましたし、チームがそれに応えてくれた結果かなと思います。井口選手も初めてのニュータイヤでいいアタックをしてくれたと思います。決勝日は雨が降る予報になっていますが、ダンロップは雨にも強いですし、自信を持って頑張りたいと思います」と、前向きなコメントを残しています。
井口は、「今季ここまで、午前中に走り込めないことが多いですね。Q1では山内選手がいいタイムを出してくれて、そのままの仕様で行きましたが、Q2で詰め切れない部分があって。もちろんチームも頑張ってくれて、いい方向に来ていますが、練習走行でもうひとつ上のレベルで走ることができれば、もっと違うタイムも見えてくるのではないかなと思います。決勝は雨の予報で荒れると思うので、まずは無事に走り切って、いい結果を出したいですね」と、この日を振り返りました。
辰己総監督は予選について、「Q1の山内はいい走りをしてくれましたね。Q2の井口は4番手となりましたが、赤旗のタイミングは仕方がないですし、ふたりのラップタイムはほぼ同じですから、今回はライバルがちょっと上だったということでしょう。決勝に向けては少し高速域の安定感を見据えたものにしようと考えています」と総括しています。

決勝レースは7月23日(日)の14時30分から81周で争われる予定です。表彰台の頂点を目指して奮闘するSUBARU BRZ GT300に熱いご声援をよろしくお願いします。
SUBARU WRX STIで『サーキットエクスペリエンス』を実施!

この日行なわれた『サーキットエクスペリエンス』では、山内が新型WRX STIで同乗走行を実施しました。走り終わった山内は、「とにかく安定しているという印象です。ちょっと高い速度で曲がっても、横に乗っている人も不安になることがありません。新しいブレーキについても、効きも良くてコントロール性が高くなったと思います。クルマの楽しさとか、“ドライバーがこうやって走っているんだ”というところも伝えられたかなと思います。皆さんに楽しく乗っていただけましたし、“安心と愉しさ”がしっかり備わっているなと感じました」と、新型WRX STIの性能について好評価を寄せています。
2017.07.21 - SUPER GT第4戦 スポーツランドSUGO・直前情報
細部にわたる改良とアップデートを実施
2017年SUPER GTシリーズ第4戦「SUGO GT 300km RACE」が、7月22日(土)〜23日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県村田町)で開催されます。週末にかけては天候が崩れることも予想されていますが、本日は炎天下。チームは暑いなか、SUBARU BRZ GT300の準備に余念がありません。
全方位的な改良でスピードアップを図る

昨年の3連続表彰台の再現を目指し、マシンにはいくつかの変更が施されています。外観上の変更点はフロントのリップスポイラー。さらなるダウンフォースを得るべく、また前後バランスを見据えて効率を最大限に引き出すような工夫がなされています。シャシー関連ではリヤフレームに補強が加えられるなど剛性も向上しました。この補強によって「リヤサスペンションをしっかり動かしてやることができる(辰己英治総監督)」効果を得られ、切り込んだ際の応答性を高めることにひと役買っています。
そのほかインタークーラーの効率を見直したことで吸気温度をさらに低減したほか、吸排気系についても細部の改良を実施。ボンネットの留め具を1カ所増設して負圧によるエンジンフードの浮きを抑える工夫も施されています。
テストを糧に、“最低でも表彰台”を狙って臨む

山内英輝は「これまでの3度のテストではトラブルも出ましたが、それがレースで出なかったのは良かったと思います。ポジティブな面もありましたし、充実したテストをこなせたと思います。天候はどうなるか読めないですが、ベストを尽くして、去年のようにいいレースができたらなと思います」と、これまでのテストを振り返りました。
明日からの走行に向け、井口卓人は次のように抱負を語っています。
「色々な方向性を探ったり、ロングスティントをこなしたり、SUGOに対して収穫のあるテストができたと思います。ただ、ウェイトを積んだ状態ではまだ課題も残されています。ここSUGOは得意なサーキットですし、前戦オートポリスからSUGO、そして今後に向けて、中盤戦で流れを作るのに重要な一戦です。最低でも表彰台に乗りたいですね」
総監督を務める辰己英治は、テストを振り返り「SUGOと鈴鹿、富士。3回のテストをこなしてきましたが、意外とまだ良くないところもあって。ウェイトを想定したテストを行ってきましたが、その重さに対してクルマが十分ではない。重さに耐えられていない部分があるということです。去年型とはクルマはまったく変わっていますが、良くなっているはずの部分がそのままだったり……。もちろん、そういう対策は打ってきています。テストではいいタイムを出せていませんが、そこにはあまり気にしていません」と前向きなコメント。土曜日から始まる第4戦については「天気はどうしようもないですが、ウェットも悪くありません。予選では3番手以内に入って、レースは逃げ切り。そんな姿をイメージしています。中盤戦最初の大事なレースなので、応援よろしくお願いします」と、意気込みを語っています。

今回のレースでは、パドックのパノラマイベント広場にSUBARUブースが出展予定です。6月〜7月にかけてマイナーチェンジを受けたSUBARU WRX STI、WRX S4、レヴォーグを展示、多くのお客様をお待ちしています。

公式練習は22日(土)の9:00からスタート予定。1時間45分の走行を経て、14:10から公式予選が行われるスケジュールです。3度のテストを経てさらなるスピードを獲得したSUBARU BRZ GT300の熱い走りにご注目ください。
2017.07.20 - SUPER GT第4戦 スポーツランドSUGO・プレビュー
2017年シーズンも中盤戦に突入。狙うは連続表彰台
7月22日(土)、23日(日)、2017年SUPER GTシリーズ第4戦「SUGO GT 300km RACE」が開催されます。舞台となるのは、宮城県村田町のスポーツランドSUGO。昨年の大会でSUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は3位表彰台を獲得し、3連続表彰台獲得への上昇気流をつかんだ相性の良いサーキットです。
3度のテストを経てさらなるポテンシャルアップを

大きなアップダウンがあることで知られるスポーツランドSUGOは、岡山国際サーキット(岡山県)に次いで短い全長3.704km。最終コーナーから一気にホームストレートを駆け上がってくる様子はこのサーキットならではの迫力です。特に後半セクションのセットアップは、最終コーナーからストレートにかけてのスピードにも影響するため、ひとつ重要なポイントと言えるでしょう。
ここではスピードを維持したまま最終コーナーをクリアできるため、ストレートでもライバルと互角のスピードを維持することができます。そうすれば、SUBARU BRZ GT300の安定したブレーキングを武器として、1コーナーで勝負をすることができるでしょう。そのほか、下りバックストレートからの右鋭角コーナー(馬の背)、続くSPコーナーとドライバーの技量が問われる部分も多いコースです。

SUBARU BRZ GT300は、前戦オートポリス(大分県)から2カ月のインターバルの間に3度のテストに参加しました。チームは6月17日(土)18日(日)にはスポーツランドSUGO、6月30日(金)、7月1日(土)の鈴鹿サーキット、7月12日(水)と13日(木)の富士スピードウェイに参加。課題の発見も多く、今後に向けて意義のあるテストとなりました。
チームはこのテストで得られたデータを元に、SUBARU BRZ GT300のポテンシャルを最大限に引き出すべく作業を続けています。第4戦スポーツランドSUGOのGT300クラスには28台がエントリー。競技距離300km(81周)の決勝レースは、7月23日(日)14:30にスタート予定です。第3戦ですでに2位に入るポテンシャルは証明できており、そのスピードをさらに一段階高めたSUBARU BRZ GT300の勇姿に応援をよろしくお願いいたします。
スバル恵比寿ショールーム「SUBARU STAR SQUARE」にて7月23日(日)にパブリックビューイングを開催!

7月23日(日)14:00より、SUPER GT開幕戦のパブリックビューイングを「SUBARU STAR SQUARE」にて開催します。MCに濱田恵梨子さん、ゲスト解説にドライバーの松田晃司選手を迎える予定です。会場内では、「SUPER GT 2017 Round5 FUJI SUBARUファンシート」、「特製 折りたたみコンパクトボストンバッグ」、「特製 フォールディングアンブレラ STIモノグラム」など素敵なプレゼントが当たるじゃんけん大会も同時開催予定です。
定員(座席数):125席 ※立見可
※優先入場席25席をご用意しています。
※定員に達した場合、入場をお断りさせて頂く事がございますので、あらかじめご了承ください。
時間:14:00〜
レース終了後、じゃんけん大会を実施致します。
受付開始:13:30〜(ショールームは10:00〜通常営業致します)
※スバルチームが途中リタイアした場合でも、当イベントは実施致します。

RACE RESULT

2017.07.22 - 予選
第4戦 スポーツランドSUGO
Pos. No. Machine Driver Q1 Q2 Diff Tire
1 25 VivaC 86 MC 松井 孝允 山下 健太 1'19.034 1'18.657 YH
2 18 UPGARAGE BANDOH 86 中山 友貴 川端 伸太朗 1'18.941 1'18.753 YH
3 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 飯田 章 吉本 大樹 1'19.417 1'18.868 YH
4 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 山内 英輝 1'36.647 1'18.936 DL
5 3 B-MAX NDDP GT-R 星野 一樹 高星 明誠 1'18.836 1'18.942 YH
6 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨 宏紀 久保 凜太郎 1'19.595 1'19.204 BS
7 51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 中山 雄一 坪井 翔 1'19.766 1'19.237 BS
8 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝 片岡 龍也 1'19.158 1'19.411 YH
9 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤 治樹 蒲生 尚弥 1'19.512 1'19.512 BS
10 7 Studie BMW M6 ヨルグ・ミューラー 荒 聖治 1'19.096 1'19.611 YH
Q1
Start Time 14:10 Finish Time 14:31
赤旗中断 14:15'39-14:21'00

No.2 加藤寛規 予選タイム抹消(SGT-SpR 29-5「赤旗の原因」)

Q2
Start Time 15:01 Finish Time 15:22
赤旗中断 15:06'01-15:15'00

No.88 織戸学 予選タイム抹消(SGT-SpR 29-5「赤旗の原因」)

TEAM PARTNER

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • ニコニコチャンネル
Scroll to top