SUPER GT

REPORT

  • TEST
  • Rd1
  • Rd2
  • Rd3
  • Rd4
  • Rd5
  • Rd6
  • Rd7
  • Rd8
第6戦富スポーツランドSUGO
  • 予選順位
    位
  • 決勝順位
    位
  • Team Ranking
    位
  • Driver Ranking
    位

RACE REPORT

2018.09.16 - SUPER GT 第6戦 スポーツランドSUGO・決勝
ポールtoフィニッシュのパーフェクトウイン達成 今季初勝利
9月16日(日)スポーツランドSUGOで行なわれたSUPER GTシリーズ第6戦、「SUGO GT 300km Race」の決勝レースでSUBARU BRZ GT300がポールtoフィニッシュで完全優勝しました。
前日に行なわれた予選でポールポジションを獲得したSUBARU BRZ GT300は、山内英輝がスタートドライバーを務めました。SUGOを得意とする山内は、ホールショットを決め首位を守り周回を重ねます。2位にはマザーシャシーの25号車と9号車、10号車のGT-3勢が絡み、バトルを繰り広げ、その間に山内は2位との差を広げていきます。

予選で使用したソフトタイプのタイヤは想定よりも摩耗が早く、31周目にピットインし4本タイヤ交換をしました。井口卓人にドライバー交代しますが、残りの周回がロングスティントになることもあり、ハードタイプのタイヤを装着してピットアウトしていきます。

山内の作ったリードは約14秒あり、見かけ上の順位は11位でコース復帰しましたが、ピットインを済ませているマシンの中ではトップをキープします。井口も順調に周回を重ね1分22秒台でコンスタントに走ります。次第に2位との差は広がり、全車ドライバー交代が終わる51周目に入ると、SUBARU BRZ GT300は2位の10号車に13秒の差をつけていました。
レース終盤ではその差は最大19秒まで広がり、余裕のあるレースに見えました。しかしながら63周目に他のマシンのクラッシュによりセーフティカーが入り、そのマージンがなくなるか心配されました。コースマーシャルにより順位を整理し再スタートとなった67周目の時、レースは残り8周。2位との差は5秒差まで縮まった状況でレースが再開されました。

この時の心境をドライバーの井口は「まだまだプッシュできる余裕があったので、まったく焦りはなかったです」とSUBARU BRZ GT300の好調ぶりを思わせるコメントがありました。

レースはそのままトップでチェッカーを受け、今季初優勝を遂げました。
山内英輝
「今日の勝利はマシンを仕上げてくれたチームと、ファンの応援が後押ししてくれました。正直ここまでトラブルが多かったので、不安はありましたけど、最後まで壊れないと信じて、そして走りきれたので良かったです。これまで結果が出せてなかっただけに本当にうれしいです」

井口卓人
「これまで、走っては壊れるというのを繰り返していて、それでも懲りずに応援してくれたファンの皆さんに感謝したいです。やっと、優勝という恩返しができて良かったです。序盤に山内選手が作ってくれたリードが大きかったので、焦ることなくレースができ、マシンの調子も落ちることなく走れたので、結果につながって良かったです」
渋谷総監督
「マシンの仕様変更はレギュレーションの中でいつもトライしていますが、今回はうまくいきました。次戦のオートポリスもこのSUGOに似たコース特長で、SUBARU BRZ GT300とは相性はいいです。今回の優勝でウエイトハンディを搭載しますが、次戦はそのウエイトハンディが半分になるレギュレーションなので、そうしたところも幸運ですね。今回の優勝を弾みにして残りの2戦とも優勝目指して頑張ります」

SUBARU BRZ GT300は第3戦鈴鹿での3位入賞のウエイトハンディ22kgを搭載しています。今回の優勝で次戦は40kg加算され62kgとなりますが、シーズン終盤はウエイトハンディが半減されるレギュレーションなので、31kgに軽減される幸運があります。そして最終戦ではウエイトハンディはゼロになりますので、残りを連勝する可能性も見えてきます。
次戦のスーパーGTは大分県日田市のオートポリスで10月20日(土)、21日(日)で第7戦が開催されます。マシンとの相性が良く井口卓人が得意とするサーキットですので、連勝を目指すSUBARU BRZ GT300の応援をよろしくお願いいたします。
2018.09.15 - SUPER GT 第6戦 スポーツランドSUGO・予選
SUBARU BRZ GT300は得意のSUGOでポールポジションを獲得
9月15日(土)に2018年SUPER GT シリーズ第6戦「SUGO GT 300Km Race」の公式練習と予選が行なわれました。
「SUBARU BRZ GT300」(井口卓人/山内英輝)は、今回のSUGOに合わせ大幅に空力を変更してきました。今季のシーズン初めから挑戦している低ドラッグ、ハイダウンフォースという二律背反性能の両立を目指して開発していますが、概ね前戦までは空気抵抗を減らしてトップスピードを上げていく方向でマシンを開発していました。

しかし、今回のSUGOではトップスピードよりもコーナリングスピードが重視されるコースであることから、ハイダウンフォース仕様の空力ボディとすることでレースに臨みました。

午前中の公式練習では山内英輝がステアリングを握り、ハイダウンフォース仕様の様子をうかがいながらのマシン調整を行ないます。ピット回数も多く微調整を繰り返しながらマシンのセットアップをしていきます。公式練習の残り50分の段階でウエット路面に代わり、レインタイヤでのセットアップに代わっていきます。
雨が降り出す前までスリックタイヤでマシン調整をしていた山内は、1分18秒648のタイムを出し、全体のトップタイムをマークします。また、セカンドベストもSUBARU BRZ GT300がゲットしました。SUGOに向けてのマシン改良がズバリ的中した格好で公式練習を終了しました。

■公式予選
今年から予選はA組、B組の2グループに分けるレギュレーションが加わり、今回初めてそのルールが実施されました。SUBARU BRZ GT300はAグループでQ1を走ります。そして各組上位7台がQ2へ進出でき、Q2はA組、B組上位7台ずつの合計14台でポールポジションを争います。

A組で走行したSUBARU BRZ GT300は井口卓人がドライブ。WET宣言されていましたが、ライン上はドライでスリックタイヤでのタイムアタックです。そして1分18秒665をマークし、またセクター1と3でもトップタイムを記録しました。Q1終了時点で全体トップのタイムとなり、今回のマシンセッティングが決まったようです。
Q2はSUGOを得意とする山内が走ります。予選開始序盤の3周目に早くもトップタイムをたたき出し、1分17秒685はコースレコードまであと0.2秒に迫るタイムでした。このタイムはその後も抜かれることはなくポールポジションを獲得しました。

SUBARU BRZ GT300のポールポジションは2014年の富士スピードウェイ以来で、2位に0.699秒の差をつけるスーパーラップで圧倒的なスピードを見せつけた結果となりました。

井口卓人
「公式テストでのロングランなど走行実績は作れていましたし、しっかり準備はしてきたので、ポールが獲れてよかったです。メカニックの皆んなは凄く大変な思いをしてここまできているので、今度は僕たちドライバーが頑張って恩返しをしたいと思います。また、SUGOはいろんなことが起こるサーキットでもあるので、高い壁かもしれませんが、みんなと一緒に乗り越え、最後は笑って終われるように頑張ります」
山内英輝
「SUGOはF3時代から得意にしているサーキットなので、自信を持って予選を走れたし、ポールが取れて良かったです。またSUBARU BRZ GT300はピットストップ時間が他のチームより長いので、マージンを作るという意味では最高のポジションになりました。決勝ではそのマージンをできるだけ作っていくことが大事だと思うし、あとはチームのみんなが後押してくれると思いますので、頑張りたいと思います」

明日の決勝は、午後2時にスタートします。SUBARU BRZ GT300 はポールポジションからのスタートです。毎年波乱が起こるSUGOのレースは300km、81周で争われ、SUBARU BRZ GT300はチーム一丸となって戦い、表彰台の頂点を目指していきますので、どうぞ、応援をよろしくお願いします。
2018.09.14 - SUPER GT 第6戦 スポーツランドSUGO・直前情報
今季最大のチャンス、表彰台の頂点を目指すSUBARU BRZ GT300
2018年SUPER GT シリーズ第6戦「SUGO GT300Km Race」が9月15日(土)、9月16日(日)宮城県村田町で行なわれます。
前戦の富士スピードウエイのレースが終わってからチームはSUGOとオートポリスで公式テストに参加しました。SUGOのテストでは富士スピードウェイの時と同じ空力ボディでテストをし、また、降雨の影響もありウエットタイヤのテストをこなすにとどまりました。

その後、オートポリスでのテストではダウンフォースを大きくした仕様のボディで走行ができ、模擬レースもこなせたということです。このテストでは63ラップすることができ、レース距離の300km相当は走行でき、データをしっかりとることができた公式テストになったということです。
山内英輝
「マシンの安定性が抜群に良くなって、オートポリスのテストでは前回までの感覚だと、このままコーナーにいくと危ないな、って感じる入り方をしても、この仕様だと何事も起きないんですね、それほど安定しています。手ごたえはあるので、僕たちもこのレースに一番期待していますし、思いも一番強いですね。ただ、これまでいろいろあったので、ちゃんと周りをみて集中しないといけないところが普通より多いこともあって、丁寧にいかないとは思っています。まずは、応援してくれるお客さんにちゃんと見せたいですね。とにかく僕ら二人は全力で戦っていきます」
井口卓人
「例えば、いっぱいいっぱい責めた走りをしなくて、余裕を持った走り方をした時でも同じタイムがキープできるとか、タイヤの摩耗も感覚的にはいいとか、ストレートスピード以外はすべていい感じです。ストレートも特に遅いということもないと思うので、いいレースができると思います。正直コーナーが安定していれば、ドライバーは安心できますからね。このレースでいえば、SPコーナーをうまく抜けて最終コーナーをしっかり踏んでいければいい結果になると思います。もちろん明日はポールポジションを狙っていきます」
渋谷真総監督
「前回のテストからチームにいい風が吹いていると感じています。それだけに今回、勝つことは必須なレースだと思っていて、今は勝つことだけしか考えていません。チームも総力をあげて戦いますので応援よろしくお願いします」
15日(土)は9時00分から10時45分まで公式練習が行なわれます。そして午後2時00分からノックアウト予選Q1がありますが、雨の予報もあり思惑通りにできるか勝負所となりそうです。今季最大の山場となるか明日の予選に期待しましょう。
2018.09.12 - SUPER GT第6戦 スポーツランドSUGO・プレビュー
表彰台の中央を目指せる改良ができたSUBARU BRZ GT300
SUPER GT 第6戦の「SUGO GT 300km RACEが9月15日(土)、16日(日)に、宮城県村田町のスポーツランドSUGOで開催されます。このサーキットはSUBARU BRZ GT300とは比較的相性が良いと言われていますが、今季マシントラブルが多く、思うような成績が残せていません。
渋谷総監督
「前回の富士のレースでは電気系トラブルが発生してしまい、リタイヤしています。これまでトラブルとなったことのない箇所だけに、レースが終わってから徹底して総点検を行なっていました。エンジンを降ろし、各部点検をして、エンジンベンチでも確認し、そして再度マシンに搭載してチェックしています。いつものルーティーンですが、いつも以上に細かく点検すると同時に、エンジニアの人数を増やして、見落としているところがないのか細心の注意を払ってセットアップしています。今季は思うようなレースができず、応援して下さるファンの皆さまやスポンサーの方々にも大変申し訳なく思っております。」

渋谷総監督のコメントによれば、トラブルに対する対応は万全を期しているようです。また、スポーツランドSUGOは相性がいいと言われる理由について伺うと。
渋谷総監督
「このSUGOと次のオートポリスでは、マシンのダウンフォースがポイントとなることがこれまでの経験などから分かっています。そこで今回のSUGOには、ダウンフォースをこれまでより大きくなるような空力ボディに変更しました。オートポリスでの公式テストでは、レース距離相当の300kmに及ぶロングランもこなすことができました。これまで得た知見をベースにダウンフォース重視のボディにすることで、いいレースができるのではないかと期待しています」
SUGOでは、今季のこれまでのセッティングを変更し、ダウンフォースを発生する空力に変更したということです。そのため、ハードパーツとしてはフロントフェンダーとリヤフェンダーの形状を変更し、リヤウイングは今季使用しているスワンネックタイプを組み合わせていく予定ということです。ダウンフォースを得たSUBARU BRZ GT300はコーナリングも安定し、そして何よりブレーキングで追い抜くという得意技も復活してくる予感もあります。
渋谷総監督
「オートポリスでの公式テストをうまくこなすことができましたし、ドライバーやメカニック、エンジニアたちにも自信が沸いてきたようで、今、チーム内はとてもいい雰囲気になっています。残りは3戦ありますが、そのすべてのレースで表彰台に上るつもりで狙っていきます。そしてこのSUGOでは表彰台の真ん中を獲りに行きますので、応援よろしくお願いします。チーム一丸となって最後の追い込みをしていきます」

SUGOでは1コーナーのブレーキング、そしてハイポイント、レインボーと続くコーナーからの長い下り坂のバックストレート、ダウンフォースを得ながらブレーキングしての馬の背コーナーの飛び込み、SPコーナーを抜け、速度を乗せてコーナリングする長い最終コーナーもキーポイントになるでしょう。見どころがたくさんあるSUGOのレースに期待しましょう。
15日(土)は9時00分から10時45分まで公式練習が行なわれます。そして午後2時00分からノックアウト予選Q1が始まります。優勝するための第一歩として、まずはポールポジションを獲得して欲しいものです。決勝レースは16日(日)午後2時00分スタートで81周で争われます。

RACE RESULT

2018.09.15 - 予選
第6戦富スポーツランドSUGO
Pos. No. Machine Driver Q1 Q2 Diff Tire
1 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 山内 英輝 1'18.665 1'17.685 DL
2 25 HOPPY 86 MC 松井 孝允 坪井 翔 1'19.238 1'18.384 YH
3 9 GULF NAC PORSCHE 911 久保 凜太郎 石川 京侍 1'18.749 1'18.405 YH
4 5 MACH SYAKEN MC86 Y's distraction 坂口 夏月 平木 湧也 1'19.526 1'18.420 YH
5 10 GAINER TANAX triple a GT-R 星野 一樹 吉田 広樹 1'18.924 1'18.538 YH
6 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン 富田 竜一郎 1'18.784 1'18.707 DL
7 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸 安田 裕信 1'19.309 1'18.725 DL
8 0 GOODSMILE HATSUNE MIKU AMG 谷口 信輝 片岡 龍也 1'19.433 1'18.928 YH
9 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本 大樹 宮田 莉朋 1'19.452 1'18.949 YH
10 87 LEGAL FRONTIER LAMBORGHINI GT3 佐藤 公哉 元嶋 佑弥 1'19.151 1'19.154 YH
・タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ
・WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

※GT300のQ1で組分けされた場合、A組の上位7台、B組の上位7台がQ2に進出できる。
※GT300のQ1で組分けされた場合、Q1で最も速いタイムを記録した組のQ1順位8番に予選順位15番が与えられ、
 別の組のQ1順位8番に予選順位16番が与えられる。以降交互に予選順位が決定される。

Q1
A組
 Start Time 14:00'00 Finish Time 14:10'00 B組
 Start Time 14:15'00 Finish Time 14:47'00
 赤旗中断 14:17'06〜14:38'00
No.22 和田久 予選タイム抹消(SpR.29-5「赤旗の原因」)

Q2
Start Time 15:26'00 Finish Time 15:36'00
2018.09.16 - 決勝
第6戦富スポーツランドSUGO
Pos. No. Machine Driver Time / Diff Laps Best Lap Tire
1 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 山内 英輝 1:53'01.934 76 1'20.478 DL
2 10 GAINER TANAX triple a GT-R 星野 一樹 吉田 広樹 6.302 76 1'20.898 YH
3 0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝 片岡 龍也 18.117 76 1'21.711 YH
4 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上 龍 大津 弘樹 18.174 76 1'21.855 YH
5 88 マネパ ランボルギーニ GT3 平峰 一貴 マルコ・マペッリ 18.182 76 1'20.885 YH
6 9 GULF NAC PORSCHE 911 久保 凜太郎 石川 京侍 19.307 76 1'20.794 YH
7 52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC 番場 琢 脇阪 薫一 19.943 76 1'21.956 YH
8 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤 治樹 蒲生 尚弥 20.532 76 1'21.891 BS
9 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本 大樹 宮田 莉朋 20.738 76 1'21.692 YH
10 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一 ショーン・ウォーキンショー 22.703 76 1'21.786 BS
・タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ
・WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

Start Time : 14:05'40
Finish Time : 15:57'48
セーフティカー 15:34'56〜15:50'12

ファステストラップ : 1'20.478 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT/山内 英輝

No.21 ドライブスルー (SpR.27 1.3)「ピット作業違反」)
No.96 新田守男 ドライビングスルー (SpR.13 1.a.b「危険なドライブ行為」)
No.11 平中克幸 決勝結果に97秒加算 (SpR.36 付則-3 15「SC中のピットイン」)
No.87 元嶋佑弥 決勝結果に37秒加算 (SpR.13 1.a「危険なドライブ行為」)
> SUPER GTトップ > GALLERY
Scroll to top