SUPER GT

REPORT

  • TEST
  • Rd1
  • Rd2
  • Rd3
  • Rd4
  • Rd5
  • Rd6
  • Rd7
  • Rd8
第8戦ツインリンクもてぎ
  • 予選順位
    位
  • 決勝順位
    位
  • Team Ranking
    位
  • Driver Ranking
    位

RACE REPORT

2018.11.11 - SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎ・決勝
不得意なコースでも戦える証しとなった6位でフィニッシュ
11月11日(日)栃木県のツインリンクもてぎで行なわれた今季最終戦の決勝、SUPER GTシリーズ第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」でSUBARU BRZ GT300は6位でフィニッシュしました。
11月とは思えないほどの温かい日曜日、大観衆を集めて最終戦は行なわれました。GT300 クラスのシリーズランキング上位を目指すSUBARU BRZ GT300は、ここ数年、もてぎではポイントが獲得できていません。しかし、不得意としていたコースでもポイントが獲得できたことは大きな収穫になりました。

スタートドライバーは、井口卓人が務めます。井口はスタート直後の2位争いで、65号車と0号車が絡んだ隙に3位へポジションアップして1周目を戻ってきます。61号車のSUBARU BRZ GT300は、2位の0号車とは、1秒以下の僅差で追いかけ3位をキープします。20周目を過ぎたあたりから各マシンはピットインを始め、61号車は23周目にピットインします。各チームは、タイヤ無交換作戦などチーム戦略が分かれる中、SUBARU BRZ GT300は4本交換を選択しました。
ドライバーは山内英輝に交代し、ニュータイヤで上位を目指しますが、SUBARU BRZ GT300は給油に時間がかかることもあり、逆に順位を落としてしまいます。コースには6位で復帰しますが、上位チームを追いかける展開になってしまいました。

それでも山内は3位争いをする3台のマシンから5秒以上離されていたポジションを、終盤には1秒以内の射程圏内まで追い詰めました。しかし、追い抜くまでには至らず6位でのフィニッシュとなりました。
山内英輝
「いつもは逃げるレース展開ですが、今回はマシンのセットアップも決まり、追い上げるレースができたのは収穫です。もしピット時間がもう少し短く、前に出ることができたら、僕たちのレースは抜かれることはないので、もっといい結果を持ってこれると思います。そう思うと悔しいですが、今できるベストは出せたと思います」

井口卓人
「ここ3年〜4年、ポイントの獲れなかったもてぎのレースで、ポイントを獲れたことはいいレースだったと思います。給油時間が周りのチームと同じくらいなら表彰台に乗れていたレースでした。それほど、マシンが進化してくれた証拠です。僕たち二人のドライバーが、担当しているスティントを気持ちよく最後まで攻めれるという状況をチームが作ってくれたので、感謝したいです」
渋谷総監督
「今できるベストだったと思います。ドライバーは非常に良かったし、タイヤも最後までしっかり走れました。これまで、もてぎではポイントが獲れませんでしたから、今回の6位はいい結果だと思います。あと3秒給油時間が短ければ、前に出れたのでもったいないんですけど、今やれることはやった結果だと思います」
今シーズンはマシントラブルも多く、厳しいレースも多かったと思いますが、終盤にきて、マシンの得手不得手が明確になり、今後の開発の方向性が見えてきたようです。渋谷総監督は「シリーズでレースを考えるには、苦手コースでは少しでも多くのポイントを獲ることも大切で、得意なコースでは優勝を目指していくという戦い方も考えていく必要があるでしょう」と語っています。

SUBARU BRZ GT300はドライバーランキング8位、チームランキング11位で2018年シーズンを終えました。1年間のご声援、誠にありがとうございました。
2018.11.10 - SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎ・予選
確かな手応えをつかみ、予選4位を獲得 セットアップの改良に期待
2018年SUPER GT シリーズ第7戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が11月10日(土)公式練習と予選が行なわれました。
この日のツインリンクもてぎは朝のうち小雨が残っていましたが、次第に天気は回復し、お昼ごろには11月とは思えないほどに気温も上がり、汗ばむような陽気になりました。

今回、もてぎ攻略のために制動時の姿勢安定化を狙った仕様を持ち込みました。しかし、テストができておらずこの日の朝の練習走行でセットアップを試みます。走行開始から1時間経過した時点でも走行ラインは乾いているものの、レコードラインを外すと水しぶきが上がるような路面状況で走行を繰り返します。

それでもドライバーの山内英輝は、全体順位で5位前後を走行しながら、ベストなセットアップを探ります。次第に路面は乾き、スリックタイヤに交換してからも調整は続き、走行開始から70分経過したころには気温は22度、路面温度25度まで上昇しました。
ドライ路面となった後半、トライした結果、いいタイムを導き出し、出場29台中トップタイムを叩き出し予選に期待が膨らみます。

公式予選
予選は午後2時からノックアウト方式のQ1が始まりました。最初のドライバーは井口卓人がステアリングを握ります。練習走行で山内が出した1分47秒016のタイムを1/1000秒上回るタイム出しながらも、5位でQ1通過となりました。

上位14台で争われるQ2は山内がタイムアタックをします。タイヤをソフトタイプに変更し、より上位を目指しますが、88号車と65号車がコースレコードを記録。山内も井口のタイムを0.8秒も縮める速さを見せますが、全体4位で予選を終えました。トップとの差は0秒298、3位とは0秒028秒という僅差です
井口卓人
「ナイスランだったと思います。山内選手でポールを狙っていったのですけど、周りも速かったという印象です。ここ数年のもてぎは苦戦していたのですが、今回はこれまでとは違って、戦えるという手応えを感じました。決勝のタイヤがソフトでスタートするのか、ハードで行くのかによもよりますけど、レースになれば、どちらのタイヤでもタイム差はそれほどかわらなくレースはできると思うので、明日頑張ります」
山内英輝
「めちゃくちゃ悔しいです。絶対にポール取れる自信があったんですけど、朝の練習の時より1秒速くなると、マシンへの要求性能がワンランク上の世界に入るので、足りない部分が出てきちゃいました。レースはそこまでのタイムでは走れないので、なおさら、このポールを競うタイムの領域に入った時のアジャストができていなかったというのが、悔しいです」
渋谷総監督
「ドライバーがよく頑張ってくれました。今回初めて織り込んできた仕様があって、それがどこまで機能するのか見えなかった部分もあったので、4位のポジションは良かったと思っています。レースは今のポジションよりひとつでも上を狙い、応援してくださっているファンの方達が喜んでいただけるように、表彰台に絡めるレースをしたいと思っています」

明日の決勝は、午後2時にスタートします。SUBARU BRZ GT300 は4番手からのスタートです。レース距離250km、53周で争われます。タイム差からもわかるように、シーズン最後のレースは熱い戦いが繰り広げられるのは必至です。SUBARU BRZ GT300の戦いから目が離せません。チーム一丸となって表彰台を目指しますので、応援よろしくお願いします。
2018.11.09 - SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎ・直前情報
SUBARU BRZ GT300 姿勢の乱れを制御する新たな取り組みで上位を目指す
2018年SUPER GT シリーズ最終戦 第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が11月10日(土)、11月11日(日)栃木県のツインリンクもてぎで行なわれます。
ここ数年SUBARU BRZ GT300は、もてぎでノーポイントのレースが続いており、雪辱を果たしたいレースです。SUGO、オートポリスでは今季の課題だった空力の解が、ある程度導きだせており、SUGOではポーツtoウインを飾れました。また、オートポリスでは不運にもタイヤのピックアップ現象に見舞われ、15位という結果になってしまいました。

今季最終戦となるスーパーGTは、全マシン性能調整用のウエイトハンディを降ろし、ノーハンデのでのレースになります。ストップ&ゴーの多いコースだけに、低速からの立ち上がり加速の競争になるケースも多く、小排気量のSUBARU BRZ GT300には厳しい戦いが待っていることになります。
井口卓人
「簡単ではないレースになると思いますが、もてぎでのテストも良かったですし、これまでよりは自信があります。毎年ブレーキの熱が問題になって、最後まで走れないということがありましたけど、今年は、そうした心配はなくなりまりた。テストでもロングランになると、フィーリングが落ちたりしますが、それは想定内の範囲なので、ドライバーがコントロールしていけると思います。ただ、本番のレースになると前回のオートポリスのような、予想できないアクシデントもあるので、できるだけいい位置からレースをしたいですね。そのためにも予選が重要になります」
山内英輝
「テストはいい流れでできて、狙ったことができたので良かったですね。それと、今回僕たちが希望していた新しいパーツが入ったので、どんな効果がでるのかはわかりませんけど、今はそれが凄く楽しみですね。それと前回のオートポリスのこともあるし、今は当たり前のことをひとつひとつ丁寧にこなしていくということが大事だと思ってます。明日の練習走行でしっかり走って、いろんなところをチェックしていく必要があります。特にソフト系のタイヤで行くと思いますけど、どこまで持つのかとか、しっかり見極めていきたいと思います」
また、シーズン当初から中盤にかけて苦労したフロントのグリップが薄い問題は、終盤に来て問題がなくなっているということです。さまざまな空力の変更とサスペンションのセットアップを繰り返す中、ベストなセッティングが煮詰まって完成の領域にきたということのようです。

しかし、ここもてぎのコースを攻略するために、新たなサスペンションパーツを導入しての挑戦ということです。新パーツがどこまで機能するのかは、明日の公式練習で見極めるということです。SUBARU BRZ GT300のこのタイトロープな挑戦から目が離せません。
明日10日(土)は、8時50分から10時35分まで公式練習が行なわれます。そして午後2時00分からノックアウト予選Q1があります。予選では可能な限り上位になることが、SUBARU BRZ GT300に求められていますが、そのためには明日の朝の公式練習で新パーツの成果、そして、どこまでデータが収集できるかということもポイントになります。ぜひ、今季最後のレースに応援よろしくお願いします。
2018.11.06 - SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎ・プレビュー
シーズンの集大成 苦手を克服してポール to ウインを目指す SUBARU BRZ GT300
SUPER GT の最終戦 第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が11月10日(土)、11日(日)に、栃木県ツインリンクもてぎで開催されます。最終戦は、ハンデ用のウエイトを全車降ろして、ゼロハンデで戦うレースになります。SUBARU BRZ GT300はここ4年間、もてぎではノーポイントのレースが続いており、少し苦手意識がありました。しかし、その主な原因だった、ブレーキ問題は、今季パーツを入れ替えることで解決しています。
現在チームランキングは11位、ドライバーランキングは8位のSUBARU BRZ GT300ですが、ひとつでも順位をあげてシーズンを終えたいものです。もちろん、最終戦で狙うのは表彰台で、予選はポールポジションからのポール to ウインで有終の美を目指します。

渋谷総監督
「もてぎはこれまでブレーキで苦労したレースが続きました。そのためシーズンオフにブレーキ交換をして、今シーズンに臨みました。シーズン当初は、そのブレーキにトラブルが出て苦労しましたけど、もてぎでブレーキのトラブルがでないようにするためのパーツ交換でもありましたので、ここではその成果を出したいと思っています」
もてぎはストップ&ゴーの続くコースとよく言われますが、激しいいフルブレーキングのコーナーが5ヶ所ほどあると言います。スーパーGTを開催している他のサーキットでは、1、2ヶ所程度ですが、それだけブレーキに負担がかかるコースということです。また、フルブレーキからの立ち上がりも大排気量車には有利な展開となるため、SUBARU BRZ GT300には苦しい戦いが続いていたということです。

渋谷総監督
「10月にもてぎで公式テストがありまして、その時、マシンの調子もよく満足できるレベルの速さがありました。そのことに対してドライバーも好印象を持っているようで、ぜひ、いい結果に結び付けたいと考えています。そのために、フルブレーキング時の車両の安定性、スタビリティを上げるためにも、マシンセッティングをキチンと行ない、エンジンもオーバーホールを済ませた仕様で、もてぎに入ります」
今シーズンの課題だった空力に関しては、SUGO、オートポリス、そしてこのもてぎでも、ダウンフォースを必要とするコースだというシミュレーションの結果が出ているそうで、オートポリスからのボディ形状の変更はなく、調整の範囲で対応できるということです。
渋谷総監督
「最終戦は250kmといつもよりレース距離は短いですが、戦略はいつもどおり、ポールポジションからの逃げ切りレースです。ポールからスタートして、ドライバー交代までに、いかにマージンが築けるかが勝負になりますので、そうした意味からも土曜日がとても大事になります。最終戦はぜひ、土曜日からの応援をよろしくお願いします。力を合わせていい結果を出したいと思います」
10日(土)は8時50分から10時35分まで公式練習が行なわれます。そして午後2時00分からノックアウト予選Q1が始まります。今のSUBARU BRZ GT300には予選順位が大切になっています、見逃せません。決勝レースは11日(日)午後1時30分のスタート。53周で争われます。

RACE RESULT

2018.11.10 - 予選
第8戦ツインリンクもてぎ
Pos. No. Machine Driver Q1 Q2 Diff Tire
1 88 マネパ ランボルギーニ GT3 平峰 一貴 マルコ・マペッリ 1'47.219 1'45.911 R YH
2 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤 治樹 蒲生 尚弥 1'47.463 1'46.008 R BH
3 0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝 片岡 龍也 1'46.917 1'46.181 YH
4 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 山内 英輝 1'47.015 1'46.209 DL
5 25 HOPPY 86 MC 松井 孝允 坪井 翔 1'47.096 1'46.236 YH
6 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸 安田 裕信 1'46.553 1'46.646 DL
7 87 リーガルフロンティア ランボルギーニGT3 佐藤 公哉 元嶋 佑弥 1'47.491 1'46.654 YH
8 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨 宏紀 平手 晃平 1'47.655 1'46.671 BS
9 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上 龍 大津 弘樹 1'47.046 1'47.076 YH
10 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一 ショーン・ウォーキンショー 1'46.775 1'47.091 BS
・タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ
・WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

R:コースレコード(従来のレコード 1'46.076)

Q1
Start Time 14:00'00 Finish Time 14:15'00

Q2
Start Time 14:45'00 Finish Time 14:55'00
2018.11.11 - 決勝
第8戦ツインリンクもてぎ
Pos. No. Machine Driver Time / Diff Laps Best Lap Tire
1 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤 治樹 蒲生 尚弥 1:31'58.983 49 1'49.221 BS
2 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨 宏紀 平手 晃平 2.409 49 1'49.011 BS
3 0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝 片岡 龍也 3.786 49 1'48.790 YH
4 87 リーガルフロンティア ランボルギーニGT3 佐藤 公哉 元嶋 佑弥 4.127 49 1'49.261 YH
5 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸 安田 裕信 5.049 49 1'48.925 DL
6 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 山内 英輝 5.84 49 1'48.733 DL
7 7 D'station Porsche 藤井 誠暢 スヴェン・ミューラー 16.721 49 1'49.261 YH
8 25 HOPPY 86 MC 松井 孝允 坪井 翔 16.866 49 1'49.762 YH
9 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一 ショーン・ウォーキンショー 25.509 49 1'49.991 BS
10 96 K-tunes RC F GT3 新田 守男 中山 雄一 26.937 49 1'49.483 BS
・タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ
・WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

Start Time : 13:37'37 Finish Time : 15:08'46

ファステストラップ : 1'48.141 No.88 マネパ ランボルギーニ GT3/マルコ・マペッリ

黒白旗提示 No.52 番場琢

No.30 ドライブスルー(SpR.27-3.「ピット作業違反」)
> SUPER GTトップ > GALLERY
Scroll to top